1)サイキック・マッサージとは

サイキック・マッサージは、‘therapeutic method - ボディワーク・セラピーのメソッド’です。

 

サイキック・マッサージでは、‘生’に対する姿勢、信念、思いこみ、さらに 過去における経験、といったクライエントが くつろげずにいる要因についての情報(クライエントのリラックスを妨げている要因)を、直感を通じてクライエントの身体から 受け取ることが可能です。

 

セラピストのマッサージ・テクニック、セラピスト自身の瞑想経験、さらに ‘エネルギーを読み取るアート’が 組み合わさって、クライエントは自身の <内なる実存>に触れ合えるように導かれます。 

 

‘自分自身を発見する旅’における 第一ステップ、それは、あなたが自分自身の身体と、どのように結びついているのかによって異なります。

 

身体の深部に働きかけるボディワークから、ソフト・マッサージ、さらに ジョイント・リリースなど、数多のボディワーク・テクニックは、クライエントが意識的に自身の身体を‘体験する’助けになります。

 

身体との結びつきが どのようなものであっても、マインドと身体を引き離すことは 出来ません。

 

マインドと身体は ‘ひとつ’なのです。

 

身体に触れるということは、同時にその人の感情や‘生’に対する姿勢にも触れることなのです。

 

マッサージやボディワークは、あなたに自分自身の‘真の感情’がどんなものなのかを気づかせてくれます。

 

そして、あなたが 自身の ‘内なる実存’を 再発見したとき………

‘生’に対する ‘イエス’を 見出し、自分自身を 愛し始めたとき………

変容と内なる成長が ひとりでに 起こります。

 

サイキック・マッサージは、静寂に満ち、充足した内なるスペース、実存そのもののスペースへの道程を指し示してくれます。

 

 

サイキック・マッサージの背景をなす基本的な概念とは、‘あなたは 既に 完全なのだ’というものです。

 

必要なのは、‘その事実’を 思い起こし、‘既に健やかである部分’につながること………

それだけで良いのです。

 

この健やかな部分にこそ、なにかが育っていくのです。